忍者ブログ
剛毅木訥の志
カテゴリー
* 未選択(576)
 * カレンダー *
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 * カテゴリー *
 * フリーエリア *
 * 最新コメント *
 * 最新トラックバック *
 * プロフィール *
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
 * バーコード *
 * ブログ内検索 *
 * P R *
[228] [227] [226] [225] [224] [223] [222] [221] [220] [219] [218]
2017/10/24 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/12/29 (Wed)
2011年度の政府予算案が最近決まったのがニュー スとして気になるところ
です。政権交代後における、初めて民主党政権が概算要求段階から取り組んだ、
本格的な予算編成となるからです。国際 ジャーナルでも、この予算案について
の評価をどのようにするのか気になるところです。今回の一般会計総額ですが、
約92兆4千億円で過去最大 となっています。その中で、政策経費に充てる歳
出は約70兆8千億円です。今のデフレ経済で先行きが不透明な日本経済におい
ても、この予算の 使い方はとても重要になってくると感じています。菅首相も
国民の期待に対して、充分に努力しているのではないかと思います。今回の予算
案です が、最も大事なのは生活者重視という点ではないかと思います。子ども
手当など、民主党のマニフェストに盛り込んだ政策については、財源難から 限
界が感じられるところです。これから国民がどのように判断するのか気になりま
す。政府としては、国民の信頼を得るに、選挙における公約を総 点検して見直
し、日本社会の将来像を国民全体に改めて示す時期にきているのかもしれませ
ん。これからの予算をめぐる攻防についても、今まで以 上に注目していきたい
と思います。






国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社
国際ジャーナル
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=