忍者ブログ
剛毅木訥の志
カテゴリー
* 未選択(576)
 * カレンダー *
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 * カテゴリー *
 * フリーエリア *
 * 最新コメント *
 * 最新トラックバック *
 * プロフィール *
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
 * バーコード *
 * ブログ内検索 *
 * P R *
[192] [191] [190] [189] [188] [187] [186] [185] [184] [183] [182]
2017/10/24 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/11/19 (Fri)
車を運転する人は多いと思いますが、道路を走っている時に目の前にたくさんの
荷物を積んでいるトラックが走っている・・・という場面をよく見かけないでしょうか。

走行中のトラック荷台などからの落下物は、渋滞につながるだけではなく、事故につながる
場合もあるのです。兵庫県警によると県内で、落下物が原因の事故が1日2件のペースで
発生しているそうです。
兵庫県警は「出発前や休憩時には、荷物がしっかり固定されているかを確認して」と注意を
呼びかけているということです。

9月下旬にテレビでも報道されたのですが、兵庫県加古川市の加古川バイパス下りを走って
いたバイクがいきなり転倒したのです。そこに後続のトラックや乗用車なども次々と追突して
バイクの男性を含む3人が負傷しました。一部の区間が5時間にわたって通行止めになったの
です。

この事故の原因は、路面約300メートルにわたって散乱していた100本近くの容器入り
マヨネーズでした。直前に走り去った車から落ちたと見られて、一部は中身がこぼれてしまい、
路面が滑りやすい状態だったということなのです。

私も経験があって、主人が運転する車の前に荷物をたくさん積んだトラックが走っていました。
何かの拍子に荷台からタイヤのホイールらしきものが落ちてきて我が家の車に接触したのです。
トラックは逃げるように走り去りました。荷物を積んでいるトラックや車は、十分な注意が
必要だと思います。荷物ひとつが道路に落ちたことによって、事故につながり最悪の事態になる
場合があるのですから・・・。


国際通信社
国際ジャーナル
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=